こんにちは!
​浅井咲子です。

 

ある人はカウンセリングを受けたことがあって、馴染みがあるかもしれませんし、まったく知らないという人もいらっしゃるとおもいます。
 

Art of Therapy(アート・オブ・セラピー)では、セラピスト(=魂に仕える者)が、 お客様がありのままの自然な自分を取り戻し、今ある状況でも、そして新しい環境においても 本来の生命の活力を楽しんで生活することを応援していきます。

浅井咲子経歴


 

公認心理師、ソマティック・エクスペリエンシング®プラクティショナー、上級グループコンサルタント
神経自我統合アプローチ開発者


 

外務省在外公館派遣員として在英日本国大使館に勤務後、米国ジョ ン・F・ケネディ大学院カウンセリング心理学修士課程修了。現在、セラピールーム「アート・オブ・セラピー」代表。ソマティック・エクスペリエンシング™療法のコンサルタントとして活動する他、内的家族システム療法(IFS)(レベル2修了)、総括的リソースモデル(CRM)など様々な療法も取り入れ、発達性トラウマ、愛着、解離などによる問題や症状を改善することを目標にしている。


トラウマを「自律神経系のクセ」(手続き記憶)とし、神経系のニーズを4つのゾーン分けて介入することで、より的確に安全に癒しを進めている。いきづらさを一人でも多くの人に解消・解放してもらうべく多数の講演・講座をしている。

 

 

著書に「自律神経セルフメンテナンス」(非営利活動法人ratik 2014年)、「100%魂のかたち」(ヒカルランド 2017年)、「今ここ神経系エクササイズ」、「いごこち神経系アプローチ」(梨の木舎 2017年/2021年)、「安心のタネの育て方」(大和出版 2021年)、翻訳書にP.ラヴィーン/M.クライン著「子どものトラウマ・セラピー」(雲母書房2010年)、K.ケイン/S.テレール著「レジリエンスを育む」(岩崎学術出版2019年)〔共訳〕、J.フィッシャー著「トラウマによる解離からの回復」(国書刊行会 2020年)、「内的家族療法」(岩崎学術出版社 予定)がある。